【東京都と比較】千葉県立高入試で出題範囲が縮小。

こんにちは! ついに東京都に続き、千葉県でも県立入試の範囲が減ることになりました。 まあ、当然の対応といえば、そうなのかもしれませんが・・

 

少しショックなことがあります。。

 

なんと、都立入試より縮小範囲が少ない!!

 

 

確かに、新型コロナによる休校期間が異なったこともあったのですが、こうやって具体的に違いを見せつけられると、なんか・・

 

悔しいです! 

 

都立の学校ももう少し頑張ってほしい。立場的に、東京は仕方ないのかもしれませんが・・

 

さて、それでは千葉県の出題削減範囲について、東京都と比較しながら紹介していきます。

「なんて、嫌みなやつなんだ・・」 とか思わないでくださいね。

 

 

千葉県東京
数学「標本調査」「標本調査」
「三平方の定理」
英語‐‐「関係代名詞」
主格のtaht, which, who
目的格のthat,which制限用法
国語‐‐3年生の教科書で学習する漢字
社会公民分野
「私たちと国際社会の諸課題」
公民的分野
「私たちと経済」/「国民の生活と政府の役割」
「私たちと国際社会の諸課題」
理科・科学と人間
「エネルギー資源」
「化学技術の発展」
「自然環境の保全と科学技術の応用」
・自然と人間
「自然環境の調査と環境保全」
「自然の恵みと災害」など

中3で学習する実験操作方法や観察などは出題しない。
<第1分野>
・ 「運動とエネルギー」/「力学的エネルギー」
・ 「科学技術と人間」
<第2分野>
・「地球と宇宙」/「太陽系と恒星」
・ 「自然と人間」

といったような感じになっています。 やっぱり、東京は範囲縮小しすぎたんじゃないかと思う気がします。

 

休校期間はだいたい相違ないと考えると、東京都の方が受験生に対して少し優しいのかなと。これが良いのか悪いのか分かりませんが、どうせなら、関東は統一してほしかったな。。というのが本音。

 

都立に関していえば、国語なんて、3年生の漢字がまるまる出ないことになっています。きっと、受験生の中には、中3の漢字をないがしろにする生徒は出てくると思います。

 

一方、入試では1,2年で学習した漢字を徹底すれば、満点取れるので、ここはミスの許されない得点源になっていくかと思います。

 

 

そして、学習格差が広がらないか心配でもあります。

 

都道府県によって、やったところやらなかったところ。テストのために勉強したのか、していないのかによって、高校入学時のレベルに多少なりとも差がつくかと思います。

 

東京の小中学生はこれから新型コロナの第2波、3波を考えるとその差は拡大していくと思われます。学校で学習した内容は試験に出ないからと言って、全く学習しないのではなく、ある程度はやり、受験後にしっかり復習しておけるようにしたいですね。

 

特に、数学や英語は高校に入っても使う単元なので、都立の生徒は必須です。

 

 

 

 

 

それでは、この辺で! 良い祝日を( `ー´)ノ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です