【速報】令和4年度都立高校 一般入試倍率(最終応募者数)発表されました! 

こんにちは。都立入試につきまして、最終応募者数の倍率が発表されました。

ここは、ごちゃごちゃと述べず、とりあえず、見て頂ければとおもいますので、進学研究会さんのリンクを、さっそくご紹介いたします。

 

令和4年度(2022年2月実施試験)最終応募状況一覧

 

私の推しである、晴海総合高校は一昔の倍率はさもなん、かなり上昇してしまいました。うれしいのか、悲しいのかよくわからなくなってきましたが、素晴らしさがこのブログを通して少しでも広まってくれたのなら、光栄ですね。 設備や環境は素晴らしいので来年以降も上がっていくのではないかと思います。

参考までに私のブログ↓

 

 

さて、私の所属する旧6学区ですが、いろいろと移動が起きているようですね。

特に注目するべきは「東高校」と「葛飾野高校」、「篠崎高校」でしょうか。

 

高倍率を嫌った生徒がどこかへ分散していますね。もちろん東高校から葛飾野高校や篠崎高校へ移ったと考えるのは少し無理があるかもれませんが、ここらの立地は良いので、他の学区へ移動した可能性は高いかと思います。それでも東高校は2倍という倍率になっていますので、受験生は誰一人として気を抜けない状況であることに変わりはないと思います。

 

一方、前回の仮調査から、一転して倍率が上がったところもあります。

篠崎高校と葛飾野高校です。篠崎高校は穴場だと思っていたのですが、どうやら皆さん考えることは同じようです。

 

恐らく、日本橋高校の高倍率を嫌った生徒が移動してきているのではないかと思います。 

 

 

志望校を変えるのは、無論、自由ですが、変えたからと言って必ずしも合格が近くなったとはいえず。また、そう言い難い状況である生徒が移動するのではないかと思います。

 

引続き受験勉強が必要であることに変わりはありません。

 

皮肉にも、2次募集私立高校の一覧も添付されていたりします。

※要チェックです。意外と偏差値高めの学校もあったりします。

 

 

引続き気を抜かずに頑張ってもらいたいです!!

 

 

 

それではこの辺で( ^^) _U~~  

 

スポンサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。