【Vもぎ受験しよう】塾もしくは自宅での試験に。

こんにちは! みなさまいかがお過ごしでしょうか。

突然ですが、都立、千葉県立などの高校受験される方にとって、気になる「Vもぎ」。

様々な試験や模試が中止や延期となる中、これからどうなっていくのでしょうか。。

 

 

結論から言うと、

7月5日(日)の都立Vもぎに関しては、自宅もしくは塾で試験を受けるという形で実施することとなります。

6月7日(日)のVもぎは新型コロナの感染拡大防止の観点から、中止となりましたが(-_-;)

 

申し込み方法はオンラインもしくは、塾から申し込むことができます。7月5日の申し込みは今現在(5月15日)開始しておりませんが、5月末頃からの開始が予想されます。

 

そこで、気になるのが、試験範囲。

この状況下で、どのような問題が出るのか気になるところ。

 

恐らく、中3生に関しては中学2年生の学習範囲となると思います。例年通りの出題範囲では無理だと思いますし、苦情が来るかと・・

  

それに、最近、今年度の受験範囲について見直すよう、文部科学省からお達しが来ています。試験範囲が狭くなるように、変更になると思います。

「じゃあ、やっていない範囲はどうなるんだ!」

と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、もしかしたら、高校の初めに触れることになるかもしれません。

 

今までとは傾向も変わってくるかと思うので、どんな試験になるのか生徒にアドバイスができないところですが、ここで本当の今の学力がわかるような気がします。

 

それは、「この2~3か月間どのようにして、休校を過ごしてきたのか?」

 

ということにつながってくるのかと思います。

ある人は遊び、ある人はコツコツと勉強を行う。

 

今からでも遅くないので、少しずつ宿題や課題などを始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

さて、この7月5日の試験、そもそも受験すべきかどうかお考えの方も知るかもしれません。

当塾では、中3生全員に受験してもらう様、勧める予定です。

 

今のレベルを早く把握してもらい、この先のプランを考えられるようにしておきたいので。

 

 

 

 

それでは、この辺で! (。-`ω-)

参考までに(VもぎHP)参照しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です