【独り言】オリンピック開催はやっぱりうれしい。

こんにちは。オリンピックが始まりましたねー。

 

新型コロナウイルスの蔓延により、1年間延期となり、感染者数が増え、開催さえ危ぶまれたことも何度もありました。聖火ランナーが中止になり、世論や感染症対策分科会などの厳しい意見もありながらなんとかかわしながら、いや、かわしたというよりかは押し切った形でしょうか。

 

 

オリンピックがやっと日本で開催されることになりました!

 

  

気づけば、授業中に開会式は始まり、あれよあれよという間に、すすんでいました。。

  

 

ちなみに、私は、帰ってから少し見れたのですが、ピクトグラムの仮装がいきなり始まってて、 

「お、、おー。なにこれ。オリンピック??」みたいな状態でした・・ 

 

   

 

当初の私は、「この状況下でオリンピックは、もうどうでもいいかな・・」と思っていたのですが、始まってみると、なんでしょうか。。

やっぱり、うれしいですね!

各競技のトップアスリートが集い、競い合う大会が日本で行われると考えるだけで気分が上がります。

 

 

 

とはいえ、緊急事態宣言下で、支援を必要としている方が大勢いて、その方々の想いを考えると複雑な気持ちになってしまう自分もいます。

例えば、 

飲食店経営の方は、支援金がなかなか出なかったり、酒類を出したくても出せない歯がゆい思いをしたり、制限をかけられる状況は、コロナ下の状況であっても、やはり、見ている私も苛立たしさがあります。

また、医療従事者に関しては、増える新型コロナ患者のことを考えると辛い状況だと思います。

重症化し、生死をさまよう患者が近くにいる、これからもっと増えるかもしれない状況で素直にスポーツを応援する気にはならないのは当然といえば、当然の状況かもしれません。

 

 

 

ただ、そんな最悪とも言えそうな状況下であっても、スポーツで頑張る人を見ると、なんだか元気や勇気をもらえるような気がします。ちょっと、ポジティブな気持ちになるのではないかと思います。

 

 

ふと、このネガティブな状態で、大規模なイベントを開催することによるメリットはどこまであるのか?いや、ないでしょ・・

と思わずにはいられなかったのですが、、

 

 

いざ始まってみると、何かワクワクが止まりませんね・・

 

 

少なからず、希望の光のような、これから頑張れば何とかなるかもしれないと思えるような、希望を与えてくれるような想いです。

 

 

こんな風に楽天的に考えているのは私だけかもしれませんが、久しぶりのイベントだからかもしれません。

日本選手の期待に胸が膨らみます。

特に、私もやっていた柔道は、日本人選手の活躍が期待されています。

この状況下でなかなか思うように練習ができなかった選手が大勢いる中、日本人選手は立地面でかなり有利です。

ぜひ、メダルを量産してほしいと思います。

 

 

 

 

さて、オリンピックが始まり、世論はどのように変わっていくのか?

私は良い方向に、団結へとつながってくれればと思います。

 

  

私は今までどっちでも良い派でしたが、開会式で完全にオリンピック賛成派になってしまいました。

 

 

 

このオリンピックが全ての人々にとって、希望を与えるものになることを願っています!

 

 

  

 

将来的には、私の塾からも、未来のオリンピック選手が出てくれたらいいのにな・・

と、淡い期待を持ちながら、授業に邁進してい参りたいと思います。

頑張るプロ選手を横目に私どもも頑張らなくてはと思う次第です。

 

 

 

それでは、この辺で( ^^) _U~~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です