不安な中学生へ。高校へは行けるから大丈夫。

 こんにちは。塾長です。中学生3年生は、これから受験に向けて大切な時期に入ります。中には、定期テストを終え、これからどうしたらよいか分からず、何もできない生徒もいるのではないでしょうか。学校のテストは範囲が決まっており、やることも分かったけど、入試対策となるとどうしたらいいものか・・

 夏は1,2年生の復習をして。冬は過去問をするといいよ。

塾へ行っていない生徒は、本屋で1,2年生の内容がまとまった参考書や都立過去問を見に行ってみましょう。いいのがあれば、買ってみる。なければ、夏・冬だけ塾の講習に参加してみるといいと思います。

  

ところで、生徒の中には、漠然と高校に行けるのか、不安に感じている生徒がいると思います。 

私もわかります・・これからどうなるかわからない不安定な感じ。勉強も、どこまでやればよいのかわからないし。。どこにも受からないかもしれない。。

 

大丈夫。 知っておいてほしいのは、自信に満ち溢れ、俺は絶対大丈夫と考える人はめったにいないということ。みんな、何かしら不安を抱えていることをわかってもらえればと思う。自分一人が不安に感じているわけではないと。

  

  

安心してください。高校へはどこかしら入れます。

 

いまでは、少子化も相まって、定員割れする学校があります。1次試験で集まらず、2次、3次と実施することもあるほど。もちろん、定員が割れていれば、テストを白紙で出しても合格するのかと言えば、そうではありません。しかし、基礎がある程度できればOK。

今から、基礎を頑張れば、十分に入れます。

 

また、高校受験は、なにも普通科だけではありません。

定時制、通信制や単位制などいろいろな学校があります。最近では、夢や目標が明確な人はあえて定時制や通信制を選ぶこともあります。普通科のように朝通学することがすべてではないです。高校を卒業すれば、学歴はみな一緒。高校卒業。

 

なぜ、こんなことをいきなり言い出したかというと。私の塾にもこのような、漠然とした不安を抱えた生徒がいるからです。

そんなに追い詰めて考えないでほしい。もっと将来のことを考えてもらえればとなと思っています。高校は通過点に過ぎない。

  

今からでも、出来ることをこなす。その心があれば、大丈夫。

 

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です