将来を見据える!品川エトワール高校へ行って参りました。

こんにちは!久しぶりに面白いと思える学校と巡り合いました。興味ごとにクラス(コース)分けし、高校生から自分のやりたいこと追求できる環境があります。2018年に新校舎ができたばかりと、中は新しく綺麗。駅からも近く、学校へ行きたくなる工夫がいろいろとされている印象です。学校の偏差値は高くはないので、希望する学生には広く門戸を開いていると思われます。 ここ10年でいろいろな取り組みをし、常に時代を先取りしようとしている学校だと思います。

将来に向け、キャリアを考えながら楽しく通学できる学校!

という印象です。おもしろいコースもありましたのでこれから紹介していきたいと思います。

まずは、学校情報メモから。

 

1、学校情報メモ

生徒数およそ660名
    
立地 東京都品川区南品川5-12-4
(広尾駅3番出口から徒歩5~8分。)
    
合格偏差値44(国際)
42(マルチメディア)
42(ネイチャー)
40(一般=キャリアデザイン)
    
学費約110万円(初年度入学金)
別途、制服・学校用品など含む。
    
進路選択・大学進学 50%
・専門学校 30%
・就職   10%
・その他  20%
**切りの良い数字で分けてます。2018年度。
    
指定校推薦枠玉川大、桜美林大、城西大や女子大(和洋、実践、大妻など)も多数あり。
    
その他・クラスは4コースに分かれている。
(①国際キャリアコース、②マルチメディア、③ネイチャースタディ、④キャリアデザイン)
・専門学校、就職する生徒もおり、学科により、美容系~デザイン系まで様々
・2000年に学校名を町田学園女子校から現在の学校名に変更。

 

2、興味のあるコースが選べる。だから、将来を見据え頑張れる。

 品川エトワール高校の大きな特徴の一つは、自分の興味に応じたコースが選べ、将来につながる勉強ができること。興味があることに高校生のうちから触れ、将来のキャリアに活かせるのはとても重要なことだと思います。いずれ、興味が深まれば、大学、専門学校といった選択肢により現実味を持って取り組めることでしょう。

  

 ◎4つのコースとは

①キャリアデザイン       基礎学力の定着。学習の中で、進路の選択を 。
 ⇒1年次は基礎学力の養成。その上で、2年次よりキャリアデザインと自由選択科目の授業で興味のある分野を絞り、将来の方向性を決めていく。
     
②国際キャリア 実践的な語学の習得。世界で活躍できる人材育成。
 ⇒在学中に必ず、海外生活を体験。留学生をクラスに入れ、海外との交流を深める。10か国との留学制度も豊富に用意。
   
③マルチメディア表現      イラスト/映像/アニメ/ゲーム/音響技術の習得。
 ⇒3年間に渡り、プロの専門家から音響、デザイン、映像表現(アニメーション)などを基礎科目とはべとに学びます。最新の機器を用いて制作活動も。品川区のオリンピックマスコットキャラクターを制作するなど積極的。
    
④ネイチャースタディ              自然を学ぶ。豊かな暮らしを学ぶ。
 ⇒園芸の基礎を学ぶ。また、自分たちで作った野菜で健康フードを作るなど、自然とのかかわりを楽しむ。かつ環境問題や持続可能性についても取り組みます。農業系の大学や栄養士などを目指す。

  

  

3、高校入試情報

 ①一般試験

 ほぼ全員合格できると考えて大丈夫かと思います。一部、不合格者はいますが、よほどのことがない限り落とすことはないでしょう。試験は国語、数学、英語の3科目に加え、個人面接も行います。志望動機、中学時に頑張ったことや高校生活で学びたいことなど聞かれるようです。また、科目試験の点数によっては奨学金を受けられる可能性があります。ぜひとも頑張ってもらいたいですね。

 4コースの中で、一番人気は「キャリアデザインコース(かつて、一般)」となっています。やはり、高校生の段階で将来を絞り込むのにはリスクがあると考える方が多いのでしょうか。一方、人気がまだまだなのが、2年前にできた「ネイチャースタディコース」。まだ認知されていないのか、興味のある生徒が限られるニッチなコースからなのかわからないですが、受験者数はわずかです。興味があれば、是非といったところでしょうか。どのコースもそうですが、合格者数における入学者の割合が低いと感じられます。抑えとして受験される方が多いようです。

 

 ②推薦入試

 基本的には内申オール3あれば、確約もらえると考えてOKです。2があっても、オープンキャンパス参加、学校説明会参加などなど、参加するだけで内申を上げる(+3ポイントまで)チャンスがあるので、あきらめずに!  ただ、コースによって内申点の換算科目が異なるので注意。例えば、マルチメディアコースであれば、5科目のうち、理科・社会ではなく、音楽・美術になります。 また、推薦にも内申点によって奨学金を受けれる制度があります。英検準2級以上の保有者、帰国子女生、内申の点数が特に良い生徒(オール4など)などは奨学金の対象となります。入学金(20万円)のほか、施設費や毎月補助が出ます。金銭的に高校受験は厳しいが、成績優秀で私立に入りたい生徒にはお勧めだと思います。

 

 

4、今、変わってきている

 同校は近年いろいろと入れ替え、改革を図っているように思われます。(改革にあたり、多額の資金もかかっていると思うので、経営面も心配な感じがしますが。)新しい取り組みで、今後、どのように受験生が集まっていくのかが気になるところです。改革点としては以下の通り。

  • 国際交流提携を豊富に。10か国との交流プログラムあり。
  • 名称変更 町田学園 → 2000年に品川エトワール女子高へ 。
  • コース変更/一般科  → キャリアデザイン(2018年にネイチャースタディコース設置)
  • 新校舎が2018年に完成
  • 2019年には食堂完備
  • 多目的図書室の設置

など。

  

  

さいごに

 とりあえず大学に行き、就活前にどうしようと考える今のやり方より、高校生のうちから、職業についての授業を通して、しっかり将来について学ぶ。とても重要なことだと思います。勉強をすることは確かに大切なのですが、将来使う予定がなければ、やる気もでませんよね。これからはプロフェッショナルが求められる時代になってきます。将来に向けスキルを身に着けるのに早い方が良いと思います。今後このような学校がもっと増えても良いのかなと思いました。高校までの学力は気にせず、自分のやりたいことを極める。「潰しが利かないじゃん!」と不安に思う方もいるかもしれませんが、若いうちならまだ方向転換が利きます。早い段階からのキャリアデザインが将来の豊かな生活に繋がると思います。学校はちょっと迷走している感はありますが、方向性は間違ってないと、個人的に思います。これからに期待したいです!

 

   

それでは!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です