【受験生】これからのVもぎどうなる?受験できる?

こんにちは! 自粛解除に伴い、学校が再開されることとなりました!

中学3年生に関しては、週5日午前中の授業を受けることになっており、他学年に比べ、授業時間が多いですね。受験に対する意識と高校に中学の学習範囲を持ち越さないようにするための配慮なのかと思います。

一方で、学習遅れが出ないよう中学校もカリキュラムの再検討でさぞ大変かと思われます。

 

 

さて、進学とは言え、その前に重要なことがありますよね。

 

そうです。受験です。

 

学習の遅れを取り戻すほかに、受験勉強も並行してしていく必要がります。

以前、記事のどこかで書いたのですが、入試範囲に配慮を求めるよう、文部科学省からお達しがありましたが、、とはいえ、どの程度配慮があるのかも見えてきていないので、とりあえず、今まで通り進めるのが無難なのかと思われます。

 

話はそれましたが、「Vもぎ」は現在の学習状況や今いるレベル、志望校判定に重要な指標となります。

6月に実施予定だったVもぎは中止となり、次回は7月となりました。

 

7月の実施については会場での試験が中止となり、

 

自宅受験という形になりました。

 

もちろん、塾で申込された方は、塾で試験を実施することになるかと思います。

少なくとも、当塾ではそうします。

 

自宅だと、「あと10分くらい伸ばしてもいいだろ。。」と思ったり、途中で邪魔が入るといった、可能性も大いにありうるので。。

自宅にいると、自分に甘くなる方は多いと思います。

 

 

7月5日開催の申し込み関しては、まだ開始されていません。(5月29日現在)

また、塾サイトからも登録ができないので、まだカリキュラムやテスト内容の精査が終わっていないのでしょう。今回のテストは今までの流れとは異なるので、出題者側もいろいろと考慮して見直しを図っているのかと思われます。

 

8月以降に関しては、個人的に、会場試験が復活すると思いますが、新型コロナの状況次第になるかと思います。状況によっては、また自宅受験ですね。

 

 

今回の模擬を受けるかどうかに関しては、私は、受けた方が良いと思っています。休校明けで気が緩んでいる学生もいると思いますし、いまだ、受験生という実感を持てないでいる生徒もいるのではないでしょうか。

今回のテストで切り替えてもらえればと思います。

 

中には、Vもぎは会場で緊張感を感じながらやるのが良いとおっしゃる方もいるかと思います。全く、その通りです。

ただ、現時点での自分の実力を知っておくことも、夏休みを前に知っておく必要はあるはずです。

また、中間・期末試験といった定期テストに向けた意気込みも変わってくるのでは?? と思います。

 

当塾では既に一度塾内テストを実施しますので、ここで引き締め、Vもぎで目標を定めて、夏に突入できればと考えています。

新型コロナの状況によるところもあると思いますが、やるべきと思うことは先に先に実施していければと考えています。

 

 

 

 

 

Vもぎに関する進捗があれば、また更新致します!

それでは、この辺で。(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です