【英検】検定受験料の値上がりにとても驚く・・

こんにちは。。今日は英検®の料金について・・

とても驚きました。

 

というのも、先日、塾生がネットでの英検の申し込みを一緒にやってほしいとのことで、お願いされました。もちろん、当塾では準会場の案内もあるので、そちらで最初案内を出したのですが、日程が合わない?という理由で本会場を申し込むことになりました。

 

そこで、スマホ画面に支払い額が出た瞬間 目を疑いました。。

 

恥ずかしいことに「ダブル受験でもするの?」と聞いてしまったのですが、、

 

実際には、そんなことはなく、ただただ、受験料が値上がりしたからでした。

 

「私も今年度から値上がりしました。」というのは聞いていたのですが、その内容は確認しておらず、せいぜい数百円だろうと思っていました。

 

なので、ここまで値上がりしているとは思いませんでした。(-_-;)

 

 

いつから、こんなに英検は高くなったのか。

学生がそこそこな値段で受験できるのが英検®だと思っていたのですが、もはやそうではなくなってきている気がしました。ちょっとおぞましいものを感じます。 TOEFLやIELTSみたいに2~3万円くらいになってしまうのでしょうか・・

 

確かに、感染症対策などで、いろいろと対策費用がかかっているからだと思うのですが、「こんなに値上がりする??」という感じです。また、準会場も値上がりしているのですが、従来の本会場の値段にとどまっています。

 

どうやら、本会場で受験してほしくない思惑があるようです。

 

20年度第3回の試験で突然中止になった級がありました。本会場にもいろいろ事情があって、このコロナ下でなかなか簡単に貸しだせない理由があるのかもしれません。

 

    

 

ということで、その本心は分かりませんが、大幅な値上がりビフォア・アフターをご覧くださいませ!

 

新料金(本会場) 

参照 : https://www.eiken.or.jp/eiken/info/ 

 

旧料金(2020)

1級準1級2級準2級3級4級5級
本会場10,300円8,400円7,400円6,900円5,900円2,600円2,000円
準会場5,500円4,900円3,900円2,600円2,000円

 

現在の料金につきましては、英検®のHPに乗っております。

詳しくはこちら

 

 

ちなみに、はじめに現れた、私に英検の申し込み方法を聞いた生徒は準2級を受験予定でした。本会場で申込むとかつての準会場の2倍くらい費用が掛かっていることがわかります。

なるべく、節約および、受験者の分散も含め、英語検定協会が望むよう、準会場で受験すべきなんだなと思いました。

 

 

なお!!

 

ちなみに、英語検定にはCBTという受験方法もございます。

これはパソコンを使って4技能を測るテストです。 選択できる日程が多く、個別ブースで仕切られていたりするので、新型コロナ対策としては、こちらの方がふさわしいかと思います。

 

更に、通常の英検に比べ、受験費用が少し安くなっています。ここにも、英検本部の思惑が見られますね。

 

 

 

まだまだ、CBTの普及は広まっていませんが、今後、主流になっていくかと思われます。

私も、一度は受けてみたいとおもって時間がたっている今日この頃でした。

 

ということで、新型コロナの影響により、値上がりしているので注意しましょう。そして、本会場より準会場を選ぶべきこと。

(もし、準会場が無ければ、私に連絡下さい。こちらでも申し込みできます。お電話下さい。)

 

そして、さらに何度も挑戦したい。これからを見据え、パソコンにも慣れていきたい!

ということであれば、間違いなく英検CBTをお勧めします。

 

 

 

 

それではこの辺で!( ^^) _U~~

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です