【映画】「THE FIRST SLAM DUNK」観てきました。予想と違ってびっくり。

こんにちは。いい天気ですねー。そんな中、今回は、最近話題のスラムダンクを見てきたので、その感想を。

そもそも、この受験シーズンの大切な時期に何をやっているんだ! と思われる方もいらっしゃるかと思うので、弁明させてください。。

読んだことのある方はご存知の通り、あの「SLUM DUNK」といえば、バスケットボール初心者の桜木花道(主人公)が、成長を通し、名だたる強豪校を撃破していく漫画です。時に、笑いあり、名言ありで、これを読むことでかなり、テンションが上がります。

ということで、あの山王戦(最終章)の感動と緊張のシーンをイメージすることによって、我が塾生に対しても、もっと熱血に指導できるのではないかと思い、カンフル剤的に見に行きました。

更に! 今回は奮発してIMAXという、普通の映画よりかは値段が高いのですが、音声と画質が良いバージョンで観てきました。

「この経験が、いつか大きな財産となる。」とかブツブツ言いながら、いや、勝手に理由をつけて、いざ出陣して参ったのですが、、

 

おや、、  おやおや、、

 

想像と全然違いました・・

 

なんじゃこれ おお・・ おお・・ (・・?  え??

 

いや、違う、、イメージと違う。。

 

しいて言うなら、熱血テンション上げていこうぜ!そして、目標達成!! 

というよりは、親子で協力して、乗り越えていこうよ。みたいな感じでした。

 

これはこれで、学びがあるのですが、少し肩透かしを食らった感じです。見る前から、生徒には「見に行った方が良いよ!」とか、言ってしまっていた自分が少し恥ずかしくなってきました。。中学生くらいでは、理解に苦しむかもしれません・・ましてや小学生おや。

 

ということで、 「おやおや、、今回は趣旨がちょっと違うぞ。」と気づいたのは、映画を見てからでした(-_-;)すいません。

 

 

とはいえですね、学びが無かったわけではありません。やっぱり、世の中はそういう風に移ろってきているということなのかな・・ とも思ったりもしました。

 

教育で言えば、昔は、熱血指導が売りで、ガンガン行こうぜ!ってな感じもありましたが、今はそれぞれの家庭や個人にだって様々な背景があって、そうできない人だっている。かつては、そこまでコンプライアンスとか、各家庭の事情とか軽んじて見られることが多かったと思うので。

ただ、今はそうじゃないです。

無神経な発言や、少し乱暴な扱いは、すぐ問題になってしまいます。

 

10年以上も前の日本とはもう文化も習慣も変わり、それと共に世論も変わってきていることを察した、映画に仕上がったのではないでしょうか??

少なくとも、バスケのシーンでげんこつしたり、屋上で喧嘩とか、漫画でも少し違和感を感じるようになってきました。。私は理解はあるのですが、見る人によってはしっくりこないかもしれませんよね・・。特に若い世代は。

 

時の流れと共に変わる変化を感じつつ、私のやるべきことが見えてきました。

 

 

個を重んじつつ、その背景に応じたやるべきことをフォローしてやる。

それが、生徒であり、選手でありを伸ばす秘訣なのかもしれません。

 

くしくも、集団塾が廃れてきている状況は、この傾向に当てはまるようです。

 

今回熱血テンション上げガンガン頑張ろうぜ!ではなく、個を尊重し、育てていかないと伸びんぞ!ということを学びました。

 

今回、「THE FIRST SLUM DUNK」は受験生に見てほしい映画ではないので、受験が終わってからみにいきましょう。一方、やる気が出る映画といえば、「Rocky(ロッキー)」でしょう。

シリーズ多いので、全部見るとかなり時間がかかりますので、注意してください。。

 

 

さいごに、 

内容自体は、とても興味深い内容です。その背景とつながり、を考えることで、人ひとりの成長につながっていく過程を見ることができます。

ストーリー自体は詰込み過ぎている気がするので、もう少し、小分けにして、Second、Thirdくらいに伸ばしても良かったと思うのですが、今後に期待しています。まあ、これはこれで完結していてGoodでした。

 

気になる方は、ぜひご鑑賞いただければと思います! 

 

それではこの辺で。。( ^^) _U~~