【高校受験】中3生が少しづつやる気になってきました。

こんにちは! 中学生はいよいよ定期テストが近づいてきました。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

 

今年の中3生はなんだか、ポテンシャルが高い気がしてなりません。

入塾当初と比べると、だいぶ意識が変わってきたような気がします。いや、変えられたのではないかと思います。

それは、個別指導が一人ひとりが主役だと考えさせてきたからなのかなと、考えています。

 

これは、集団授業と違うところでもあります。

 

集団授業の場合、一部のトップ集団のみが主役だと思いがちです。勢いに乗ったトップ集団はさらに伸びるものの、残りの生徒は負い目を感じ、負のスパイラルに入っていく。

これでは、負の連鎖です。

 

 

今回の中3生は、一人ひとりが主役なんだということを意識し、頑張ってくれています。

みんなのために塾があるのではなくて、君のために塾があるんだと。 これは、大げさではなくて、私は個別指導とはそうあるべきだと心に想います。生徒にはこれからも主役という意識をもって物事に取り組んでももらえればと思います。

自分が注目される主役だと思えれば、頑張れるんです。

  

 

さて、この後実施される、テストの結果が全てといえば全てですが、どういうプロセスを経てその結果に至ったのかということが大切だと思います。

学校の勉強ができること自体は、将来あまり意味を持ちません。

 

どうして、できるようになったのか?どうすればできるようになるのか?

 

そこを見極めることがもっと重要なのです。そこを生徒にもわかってもらいたいと思います。

 

 

ということで、思いついたことを取りとめもなく描いてきたのですが、、

この調子で、頑張ってもらえれば、さらにレベルアップできると思います。本人をその気にさせる努力を引き続き、続けて行きたいです。 

 

とにかく、君が主役だから、やれるだけ好きなようにやってみたらいい!

注意:やらない生徒は論外なので、私が厳しく指導します。

 

 

   

 それではこの辺で・・・

また( ^^) _U~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です