【悲しみ】長年共に頑張った講師たちの退職。そして就職へ。

こんにちは。この季節は出会いもあれば、別れもある。。毎年訪れるイベントではあるのですが、今年は感慨深いものがあります。

私がここに来たのがおよそ5年前くらいなのですが、その時採用した講師たちが紆余曲折を経て退職していきました。長いといっていいのか分からないのですが、、私にとってみれば、密度の濃い長い期間でした。いろいろあったことを思い出します。

 

生徒の成績を上げるという、共通の目標の下、どうしたら一番効果的に学力を伸ばすことができるのかいっしょに考え、悩みました。

なかなか答えの見つからないことも多く、試行錯誤の日々です。そんな中で、阿吽の呼吸のような連携が生まれてきました。

信頼のおける講師たちが、新たなステップを踏み出そうとする様子を見て、今まで共に積み重ねてきた経験や知識をとても惜しく感じる一方、将来有望な講師が新たな世界で頑張ってもらいたいと思う気持ちが入り混じり、とても複雑な感情が沸いてきました。

 

さいごの送別会では珍しく二で感じ、考えたことはそれぞれ異なり、とても面白いものだと思いました。

もっと一緒に働いてほしいという想いもありましたが、とはいえ、、これからの将来を期待された有望な講師たちには、社会に出て活躍してほしいと思えるようになりました。 

  

別れは、寂しいですね。

 

 

とはいえ、新たな講師が入ってくる時期でもあります。いつまでも、過去に執着している暇はありません。新たな講師の受け入れは、毎回楽しみにしているイベントの一つです。様々なバックグラウンドを聞きながら、どのように指導し、優秀な講師にするか考えるのが面白いです。

これからの出会いに期待していきたいと思います!

 

私の塾は平均勤続年数は2年以上になる、学生の職場としては超優良企??かと思います。

 

 

もし、私共と一緒に働きたい!!

 

 

という、読者がおりましたら、ぜひご連絡下さいね。ということで、リクルートも含めた記事でした。(笑)

 

 

それではこの辺で( ^^) _旦~~